#毎日小さな改善を

[毎日小さな改善を]をモットーに、北海道のアラフォー男子が妻と3歳の娘に囲まれながらミラコスタのスイートルーム(一泊50万円)に気負いなく泊まれる人間になるための軌跡です

やり抜く人の9つの習慣 やり抜ぬけられないのは性格じゃない。成功者になる方法が簡潔に纏められてます[読書感想#36]

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学


やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学 の読書感想です。


小さいことから「やり抜く」ってのが苦手で、どうしても飽きてしまう。


ダイエットや勉強はもちろんだけど、趣味でも同じ。


例えば、発売日に買ったゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド - Switchもやり抜くことなく、放置してます。


我が家のリンクは永遠にゼルダ姫を救うことはないんです。



飽き性だから続けられない。やり抜ける性格に生まれれば、人生変わったのに… って思ってました。


でも、最近の読書(#35 やってのける~意志力を使わずに自分を動かす~)で、続けられないのは「飽き性」だからではないことを知りました。


正しい方法を学んで、意志力を鍛えれば、続ける(やり抜く)ことはできる。



今からでも、私が「やり抜く人」になれば、3歳の娘に良い影響を与えられる(自分もやり抜く人になれると信じてもらえる)と思うので、なんとしても「やり抜く人」になりたい。


そうなる方法をより深く知るために、#35で感想を書いた「やってのける~意志力を使わずに自分を動かす~」と同じ著者この本を読みました。


#33「アクション リーディング 1日30分でも自分を変える"行動読書"」で、気に入った著者の本を読んだら良いと書いてあったので、その実践になります。




読み終わるまで1時間半。


やり抜く人になるための9つの習慣が簡潔に書かれてました。


1つの習慣の説明が終わったら、その最後に「まとめ」が書かれてるので、理解するのも楽でした。


読みやすくて良かったです。



私の気づきになったこと

やり抜く人になるための9つの習慣がわかった

紹介されていた9つの習慣を簡単に紹介します。

  1. 明確な目標を持っている
  2. 「いつ」「何を」やるかを事前に計画する(If-Thenプラン)
  3. 目標までの距離に目を向ける
  4. 成功できると信じてる。でも、簡単に成功できると思ってはいけない
  5. 最初から完璧を目指さない
  6. どんな能力でも努力で見つけられると信じている
  7. 意志力も鍛えれば強くなることを知っている。筋力と同じように使いすぎると消耗する
  8. 意志力で誘惑に打ち勝とうとしない
  9. 「やらないこと」ではなく「やること」に焦点を置く

とくに、③の目標までの距離に目を向けると、⑨の「やること」に焦点を置く。


この2つは、自分の視点を少し変えるだけで実行できるので、とても良い気づきになりました。


③ 目標までの距離に目を向ける


私は100日を超えるダイエットしてるんですが、85kgから減量開始して現在は77kgになりました。

目標は75kgでした。


今まで → 「8kgのダイエットに成功した!」

③目標までの距離に目を向ける → 「あと2kg!」


ってなります。


8kgのダイエットに成功した!って思っちゃって、ついつい気が緩んでました。


知人とか家族にも「8kg減った」とは話しても、「目標まではあと2kg」とは話さないんですよね。


今までやってきた実績(8kg痩せた)に目を向けるから、目標を達成してないのに達成感を得てしまって、やり抜けなくなっていた。


私が「やり抜けない性格」だと思っていたのは、目標までの距離に目を向けなかったからだと思います。


目標までの距離に目を向けて「あと2kg!」って考えて、気を引き締めて続けられそうな気がします。


⑨「やること」に焦点を置く


ダイエットのためにウォーキングを始めましたが、外を歩くので天候によって左右されます。


今まで→「悪天候なら、ウォーキングはやらない」

⑨「やること」に焦点を置く→「雨が降っていなければ、ウォーキングをする」


この考え方に②の「いつ」「何を」やるかを事前に計画する(If-Thenプラン)を組み合わせて、


就寝前に天気予報で翌日の天候をチェック。

雨の予報でなければ、ウォーキングのスケジュールをスマホのカレンダーアプリに登録


という流れにしました。


予報が外れて雨が降ったらウォーキングは中止になりますが、「いつ」「何を」やるかが事前に計画されていれば、ちょっと面倒だなと思っても、スムーズにウォーキングを開始できます。


これは⑧「意志力で誘惑に打ち勝とうとしない」の考え方も入っていて、意志力の弱い私にはとても向いてると思います。


読書感想のまとめ


「成功とは「正しい選択」「正しい戦略」「正しい行動」によってつかむものです。

決して生まれつきのDNAで決まるものではありません。」


この本を読んで、著者のこの言葉が私の心に残りました。



私はやり抜く人になって、仕事、遊び、子育てで成功したいです。


まずは、残り2kgになったダイエットを成功させたいと思います。



要点がまとまっていて読みやすく、理解しやすい本でした。

読んで良かったです。

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

  • 作者: ハイディ・グラント・ハルバーソン,林田レジリ浩文
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2017/06/22
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る


追伸

ツイッター(@ketsuakira)でも読書感想をつぶやいています。

ご覧いただけると嬉しいです。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。