#毎日小さな改善を

[毎日小さな改善を]をモットーに、北海道のアラフォー男子が妻と3歳の娘に囲まれながらミラコスタのスイートルーム(一泊50万円)に気負いなく泊まれる人間になるための軌跡です

時間術大全 若い頃にスマホがない世代は取り入れやすい。そしてストレンジャーシングスが観たくなる[読書感想#19]

時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」


本の表紙に「Google x YouTube 今すぐ時間が増える凄テク、全網羅」って書いたあったので、思わず買ってしまいました。


ブランド信仰 。 ザ・日本人。



この本の原題は「Make Time」です。


「時間を作ろう」ってことですね。


なので内容は、


Make Timeするには「意志力」や「生産性」を上げても意味がない。


「多忙中毒」と「無限の泉」から抜け出す必要があるので、そのための87の方法を紹介。


って感じでした。


「多忙中毒」とは、忙しいのをよしとする考え方。


メールで溢れんばかりの受信箱、びっしり埋まった予定表、長い長いやることリスト。


この中毒にはまると、つねに高い生産性を保ち続けることになっちゃう。



「無限の泉」とは、iPhoneなどで使える「SNS、動画、メール、ブラウザ、ゲーム」のアプリやTV番組。


コンテンツがたえず補充されるので永遠に終わることなく、隙あらば時間を奪おうとするモノ達のこと。


世界中のオタクが、世界が良くなると思って必死に開発しているので、一般人の私たちが一度ハマってしまうと抜け出すのが難しい。


そんなところから、「無限の泉」と訳されてるんだと思います。


ファンタジーぽい名前ですね。


ファンタジーぽいといえば、 iPhoneの例えるために引用されていたのがこの文章です。


それでも、もうあれにわずらわされずにすむなら

ホッとするよ。

あれがまるで1つの目のように

私をじっと見ているような気がすることもあった。

あれがポケットにはいっていないと、気が気じゃなかった。

ービルボ・バギンズ(指輪物語)ー



このように、ファンタジー小説の源流であり金字塔の指輪物語の指輪をiPhoneに例えてみたり、

「ネットフリックスはストレンジャーシングスを一気見したら解約する」みたいなワザが紹介されていたりと、所どころオタクが染み出してきます。


あと、Googleで働いていた2人なのに、本書の中はiPhone推しが凄い(というかAndroidの話が出てこない)ので、正直者のオタクが書いた本って感じがして親近感がわきましたね。


そんなオタク2人が、この本の著者なので、わたしはビックバンセオリーの2人をイメージしながら読んでました、




Make Timeの手法はこんな感じです

  • 1日のメインとな予定を決める(ハイライトを決める)
  • スマホのホーム画面を空っぽにする。二ページ目以降にアプリを配置。
  • スマホから「無限の泉」となるアプリを消す 。または、ログアウトして、パスワードを保存しない。
  • スマホに登録してあるメールアカウントも消す。
  • スマホは職場に置いて帰る。 自宅に持って帰るなら、カバンに入れっぱなしたり、取りにくい棚の上に置いておく。
  • 自宅のwi-fiを解約しちゃう。または、夜は電源を自動でOFFにする
  • メールは1日の終わりにする。 またはメールの時間を決める。
  • TVをプロジェクターで観ることにして、特別な楽しみに変える
  • 退屈を味わう。瞑想する。
  • 食事、睡眠、休憩、運動で自分にエネルギーをチャージする
  • カフェインをうまく使う


って感じで、多種多様です。



87個もあるので、「スマホのアプリを消す」とか「wi-fiを解約」といった無茶なのもあります。


メールアカウントを消すのは流石に過激だと思ったのか、訳注として「大事なメールや連絡先等がなくなると困る方は、それらの保存もおすすめします」と書かれていました。


オタクな著者の暴走を、訳者が必死に抑えてる感じがして笑いました。


原書はもっとオタク節が全開なんでしょうね。


一度、読んでみたい。



わたしが取り入れてみるのは、こんな感じ。


「メールを処理する時間を決める」


「スマホのホーム画面を空っぽにする」


「自宅ではスマホを近くに置かず、棚の上で充電しておく」


スマホアプリの有害性には、とても共感できたので、本書で紹介されてなかったワザ


「仕事中はスマホをカバンから出さない」


などもやってみようと思います。



スマホから距離を置くって発想が基本なので、若い頃から慣れ親しんでいる20代の人には、ちょっと受け入れられない内容かもしれないですね。


逆に、30〜40代の、青春時代にスマホなんて存在しなかった世代には、本書の提案はすんなり受け入れられると思います。


さらに、わたしのようにオタク気質が強い男性は、楽しく読めると思います。

時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」

時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」

  • 作者: ジェイク・ナップ,ジョン・ゼラツキー,櫻井祐子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2019/06/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る


追伸


ストレンジャーシングス のシーズン3が7月4日に世界同時配信スタートします。


著者もワクワクが止まらないでしょうね。


わたしは、この本を読み終えて直ぐにNetflixを再契約しました。


楽しみですね!!!



ツイッター(@ketsuakira)でも読書感想をつぶやいています。

ご覧いただけると嬉しいです。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。