#毎日小さな改善を

[毎日小さな改善を]をモットーに、北海道のアラフォー男子が妻と3歳の娘に囲まれながらミラコスタのスイートルーム(一泊50万円)に気負いなく泊まれる人間になるための軌跡です

オズワルド一押しグッズはタンブラー!ディズニーいったら買ってみて!

4月23日までディズニーシーに滞在していた私がイチオシする「オズワルドのタンブラー」を紹介します。

 

 

我が家はオズワルドが大好き!

ミッキーマウスより一年早い1927年に誕生したオズワルド・ザ・ラッキー・ラビット。

 

1928年に権利がユニバーサルピクチャーズに渡り、ディズニーが権利を取得したのは2006年。誕生してから79年も経っていました。


ディズニーが権利を取得するまでの間には、ディズニーランドではなく、ライバルのユニバーサルスタジオジャパンに登場してグッズまで売られていました。


2014年にディズニーランドのガイドツアーのキャストさんその話を聞いた私は、オズワルドの不幸な生い立ちに驚き、一気にファンになりました。


自宅には、海外からオズワルドのセル画を輸入して飾っていて、3歳の娘もオズワルドのぬいぐるみを「オズちゃん」と呼んで毎日遊んでます。

f:id:ketsuakira:20190429211951j:image
f:id:ketsuakira:20190429211954j:image

 

お洒落なものが多いのに種類が少ないオズワルドグッズ…


オズワルドのグッズはお洒落で大人が使っても違和感がないものが多いので、いつも楽しみにしています。

ディズニーシーに入ったら、ニューヨークデリでビールを飲んだ後、ダッフィには目もくれずオズワルドグッズが集まるお店に行くのが定番です。

f:id:ketsuakira:20190429205248j:image

お店の前で記念撮影。


でも、その不幸な生い立ちのせいかディズニーリゾートでの影は薄くてグッズも少ないんですよね…

f:id:ketsuakira:20190429205417j:image

最上段にディスプレイされているグッズで、大きいものは、ほぼ全てだと思います。

ピンズやボールペンなどの細かいものはありますが、他のキャラクターに比べると少ないです。

 

今ならまだ買える。超オススメのオズワルドのタンブラー!

 

f:id:ketsuakira:20190429205907j:image

f:id:ketsuakira:20190429205921j:image
オズワルド タンブラー(1600円)

 

f:id:ketsuakira:20190429210031j:image
本体はセラミック製。ゴム製のフタとスリーブが付いてきます。

 

f:id:ketsuakira:20190429210055j:image
スリーブに大きくデザインされたオズワルドも可愛いです。

 

2017年に販売が開始されたグッズで、ディズニーシーに行くたびに目には入ってましたが、使い道がわからなくて買ってませんでした。


スターバックスとかに持ち込んでコーヒー入れてもらうことなんて、ないですからね。


でも今回は、お目立てのぬいぐるみ以外に気になるグッズがなく、タンブラーの在庫も残りわずかの様だったので、勢いで買ってみることにしました。

 

こんな使い方が最高なんです!


ディズニーシーから帰ってきてからも、しばらくはカバンの中に放置してました。


せっかく買ってきたのに放置するのももったいないので、日曜日の昼下がり、野球観戦をしながらビールを飲むときのにコップとして使ってみることに。


これが大正解!

 

f:id:ketsuakira:20190429210559j:image

350mlの缶ビールが全て入る容量。

まさにジャストサイズ!


本体がセラミック製なので、冷たいビールの感触が程よく伝わってきます。
最初は手、次に唇に感触が伝わり、そして体の中にビールが流れ込んできます。
もう最高です。


世界で一番、缶ビールを飲むのに適したタンブラーかもしれない!
さすがオズワルド!!


夫婦でビールが好きなので、2つ買えば良かった。なんなら、17年後を考えて3歳の娘の分も買えば良かった。


それくらいのお気に入りになったタンブラーでした。

 

超おすすめ 星5つです

オズワルドタンブラー ☆☆☆☆☆ 

星5つです!

 

 2017年のグッズなので在庫は少ないと思います。

気になった人はお早めにどうぞ!

 

追伸

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。


これからも色々なものを購入、体験してレビューを載せて行く予定です。


読者登録していただけたら嬉しいです。


ほかのレビューはこちらからどうぞ

(まだ拙いので、色々改修する予定です)


www.il-magnifico.com