#毎日小さな改善を

[毎日小さな改善を]をモットーに、北海道のアラフォー男子が妻と3歳の娘に囲まれながらミラコスタのスイートルーム(一泊50万円)に気負いなく泊まれる人間になるための軌跡です

1日1万歩#3 休憩に入る前に1分間は歩く [エア縄跳びダイエット34日目]

今日も見に来ていただいて、ありがとうございます!
ダイエットの記事にアクセスしていただくと、継続する力になります!!

「晩酌を続けてながら楽に痩せるダイエット」をテーマに、洋服のサブスクleeapに登録することを目標にしてダイエットに励んでいるアラフォー男子けつあきらです。

ブログタイトルを「#毎日小さな改善を」に改めました。
ダイエットの方法もそうですが、コツコツ改善していくのが性に合っているので、私のブログのタイトルに丁度いいかなぁ くらいの軽い気持ちで変えました。
内容は変わりません。これからもよろしくお願いします。




1日1万歩を目指して#3 休憩に入る前に1分間は歩く

ダイエットのため1日8000〜10000歩を目標にしているわけですが、普段の生活では私の歩数は3000〜4000歩しかありません。

エア縄跳びは30分で5000歩です。
エア縄跳びの時間をこれ以上増やすと、腰痛や飽きによってダイエットを続けなくなる可能性が高くなります。
よって、日常生活で5000歩を稼がなければ1日1万歩は達成できません。

普段の歩数は3000〜4000歩ですから、1日1000〜2000歩を増やす必要があるわけです。

そこで、日常生活で何を改善すれば歩数を無理なく増やせるか?を、検証していきたいとおもいます。

3回目の今回は「休憩に入る前に1分間は歩く」です!

昨日の「ツイッターをしている間は歩く」は歩数が増えましたが、集中すると足が止まる。歩きスマホはマナー違反。という欠点があったので、そこを改善。
ツイッターを見るのは休憩中だけなので、ツイッターを触る前に1分強制的に歩くことにしました。

休憩に入る前には1分間は歩いた結果

31日目=4015歩
32日目 #1 = 3883歩
33日目 #2 = 4243歩
34日目 #3 = 5236歩

来ました! 5000歩!!

15分働いて3〜5分休むという「ポモドーロテクニック」を仕事に取り入れていて、1時間に3回は休憩があるので、その都度歩くことで1時間に3分。5時間で15分は歩くことになります。

ゆっくり歩くと歩数がカウントされないので、キビキビ歩いてました。

ポモドーロテクニックを使ってない人だとあんまり効果はないかもしれないですが、休憩5分につき1分歩くと考えると、1時間にまとまった休憩なら12分歩けば良いですよね。
難しいかな…

明日は、もう少し万人ウケするものを考えてみます

34日目 5月9日の体重と体脂肪率

昨日の80.3kgから一気に減って、今日は78.8kg!

ついに78kg台に突入しました。
もちろん、十数年ぶりです。

目標まであと半分になったらしく、体重計からもお褒めいただいてテンション上がってます。




34日目 5月9日の運動と睡眠

午前中に病院で出してもらった薬を飲んで、エア縄跳びの最大の敵、頭痛を取り除けたので、普段通り運動できました。

日常生活で5000歩達成したので、10000歩も可能でしたが、無理せず8000歩でやめておきました。
無理したら、続かないですからね。

睡眠は、まだ心拍数が普段より高い(普段は55前後)ので、おきた時に倦怠感がありました。
心拍数って大事なんですね。




34日目 5月9日の食事

  • 朝食 グラノーラ、全粒粉パン(ホームベーカリー)
  • 昼食 五色豆パン(自立支援施設)

  • 夕食 鶏肉とネギとジャガイモを焼いたもの(ビストロ)、アスパラ、マグロ、白米、お味噌汁、ビール

  • 晩酌 ビール

今日から晩酌も再開です(^^)

追伸

ダイエット1日目から30日目までの結果はこちらです

www.il-magnifico.com

ダイエットの目的、エア跳びの飛び方などは、こちらの記事をどうぞ

www.il-magnifico.com

www.il-magnifico.com

www.il-magnifico.com


私が使用している道具の紹介です

  • エア縄跳び

このエア縄跳びさえあればダイエットできるわけですから、コスパは最高です。
時間や跳んだ回数をカウントできるスグレモノです。
飛んでいるときにキュルキュルと音がすることがありますが、強度は問題ないとおもいます。
お安いので試してみてください

  • 体重計

体重と体脂肪率の項目の画像は、この体重計に付属するスマホアプリ(無料)のものでとても便利です。
小さめでスタイリッシュなのも、おすすめするポイントです

  • アップルウオッチ(GPSモデル)

運動と睡眠の管理に使っています。
アップルウオッチがなければダイエットは成功しなかったと思います。
ダイエット以外でも大活躍で、生活が変わりました。

ここまで読んでいただきありがとうございます!
これからも「#毎日小さな改善を」をモットーに、ダイエットを頑張っていきますので、はてなスター、読者登録、ツイッターのフォロー、ブックマークなどしていただけると嬉しいです。