#毎日小さな改善を

[毎日小さな改善を]をモットーに、北海道のアラフォー男子が妻と3歳の娘に囲まれながらミラコスタのスイートルーム(一泊50万円)に気負いなく泊まれる人間になるための軌跡です

[娘3歳]立派じゃないよ!臭くないよ!

「#毎日小さな改善を」をモットーにしている、けつあきらです。

この記事は、娘への手紙です



立派じゃないよ!臭くないよ!


3歳のキミをお風呂に入れるのがお父さんの日課でした


今日も夕食が終わって少しグダグダしたあと、いつも通りお風呂へ

洗い場でお相撲ごっこ(通称 どっこいしょ)して遊んでから湯船に浸かろうとしたとき

「ちゃんとお風呂に入って立派だね!」と声をかけると

「立派じゃないよ! 臭くないよ!」

と泣きそうな顔してキミが訴えてきた


風邪を引くといけないので、とりあえずなだめて湯船にどっこいしょと移動。

暖まりながら、よくよく聞いていると

お父さんやお母さんが「立派なうん◯だね!でも臭いなぁ…」とオムツ替えをしていたことで

立派という言葉は、人をけなす言葉だとと覚えてしまったんだね


湯船でなんど説明しても、結局、キミは納得してくれなかった


言葉選びの難しさと

キミが女の子へと成長していくことへの寂しさを感じた夜でした