#毎日小さな改善を

[毎日小さな改善を]をモットーに、北海道のアラフォー男子が妻と3歳の娘に囲まれながらミラコスタのスイートルーム(一泊50万円)に気負いなく泊まれる人間になるための軌跡です

[絵本の定期便 3歳1回目]ぶたのたね。まくらのせんにん そこのあなたの巻。が届きました

「娘に色々な種類の絵本を読んであげたい」

そんな想いから申し込んだ絵本の定期便。

月一回の配本がいよいよスタートしました。

 

f:id:ketsuakira:20190421043633j:image

3歳1回目に配本されたのは、この2冊。

 

ぶたのたね

ぶたのたね

 

 

まくらのせんにん そこのあなたの巻

まくらのせんにん そこのあなたの巻

 

 

ぶたのたね、まくらのせんにん そこのあなたの巻のどちらもユニークな作品でした。

 

ユニークといっても方向性は違って、

ぶたのたねは世にも奇妙な物語でタモリさんが出てきて終わっても違和感のないお話。

娘の頭にクエスチョンマークが出てました。

 

まくらのせんにん そこのあなたの巻は、現実の世界が絵本に干渉する内容になっていて、娘はとても驚きながらも、何度も何度も読み返していました。

その動画をインスタグラムにアップしてみました。

#まくらのせんにん #まくらのせんにんそこのあなたの巻 #かがくいひろし #むすめ #2歳 #喜んでます #絵本 #絵本の定期便

 

まくらのせんにんは「だるまさんが」の作者かがくいひろしさんの作品なので、そのうち買っていたかも知れませんが、ぶたのたねは絶対に自分たちでは買わない絵本だと思います。

これはまさに、私たちが絵本の定期便に求めていたことです。

1回目の配本は大満足でした。

スポンサーリンク